読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライ麦畑の向こう側

解体新書と備忘録です。

トビーよ、永遠にあれ

考え方
仲間とは、様々だ。

酒を飲み交わす。
趣味を共にする。
白球を追いかける。
笑いを与える。

どうであれ、何かを共有していること、
それが仲間であるということの一つの証かもしれない。

そんなことを思う時、必ず想いを馳せるべきやつがいる。
それがこいつだ。

f:id:mesooey:20150727000748p:image

そう、トビーだ。

トーマス、引いてはちびっこみんなの仲間である彼。
甥っ子の一番のお気に入り。
「やさしいから」という涙を誘う理由付きだ。

(ちなみに、2番目は「元気だから」という理由でパーシーがランクインしている)

なせ彼を忘れてはならないか、それは歌詞を見れば一目瞭然だ。
(JOYSOUNDより)


お気づきであろうか?
頼りになるやつ、しっかりものなやつ、力持ちなやつ、いろんなやつがいる。
合唱をする少年たちはその度に機関車の仲間の名前を呼ぶ。
そこにはイノセンスしかない。

「トビー!」

さあ、彼の出番だ。
元気さ、力持ちさ、優しさ、もう揃っている。
彼はなんだ、なんなのだろう?

「しかくい な〜か〜ま〜!」





形状?
そう、見た目の話なのだ。


英語では「Well, let's say, he's square」
「ええっと、なんだろう、しかくいよねトビーは。」てな感じであろうか。


仲間とは、様々だ。
でも、こんな「かっこいいじゃん、あいつって」みたいなそんな世界でいいのだろうか?

それとも言えない何かがあるのか。
「トビーは……………し、しかくいんだ。じゃあ、、、行っていい?」

言論に対する圧力がかけられる、それは異常な事態だ。
なにかが、どこかがおかしくなり始めている。

トビーは何かをつかまされているのか?
そして、それを知ったトーマスは咄嗟に
「しかくいよ、あいつ。いかしてるだろ?………さあ、もういいだろう?」
てな感じではぐらかしているのだろうか?

トビーは、なにを運ばされているんだろう?
「やさしいから」、みんなの代わりになったんだ。

だから、彼はみんなの仲間なのだ。

秘密を背負ったしかくいやつ。
その秘密を共有した機関車たち。


トビー、しかくい、仲間。
優しさは、ふとした場所に溢れているようだ。