読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライ麦畑の向こう側

解体新書と備忘録です。

小説みたいな世界、はたまた現実か

読みづらい話
よくわからないことが起きると、大抵は目をつぶってやり過ごそうと考える。

研究家でもないから、わからなくてもそれでも生きていけるのだ。

自分のことすら意外に無責任で、夢や希望も語ってみれば、なんら大したことじゃない。
言えば現実に近づくから、啓発本よろしくみんなこぞって思考を言語化する。
それが正しいことだから。


だけど、そうじゃない力が突然逆側から働くこともある。

なにが起きたのかわからなくても、それは嘘みたいに現実化してしまって、あとは謎だけ残ってすべて片付けられてしまうのだ。

でも、まあ、それでいい。
それでなんとかなるから。

そんな感じで一日は終わる。
そういう感じだけが残るのだ。

おしまい