読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライ麦畑の向こう側

解体新書と備忘録です。

表と裏の真ん中

読みづらい話
たいていのことは白か黒で、表か裏かで語られる。
合理的と言われる言葉で片付けられ、そうでないものは排除される。

大方の予想通り、僕のこれまでも合理的の悪魔に夢を見せられていたようだ。

鼻はかむもの、階段はふみおりる・のぼるもの、飲み物は飲むもの、人は動き続けるもの。

どっこい、世の中そんなに単純じゃない。
不条理で、非合理的な叫びに突如として飲み込まれることがある。
怒りとは、戸惑いと憤懣やるかたなし非合理の渦なのだ。

そこに現れるカオスは時として心地よく、たいていの場合はむずがゆさが残るばかり。
カオスはいつも緑色だ。

白と黒じゃ語られない、偉大なる保護色の前ではただひれ伏すばかりみたい。
それでいいんだ、それで。

おしまい